Windows11発表・・・

query_builder 2021/06/25
ブログ
Windows11


噂になっていましたが、Windows11が発表されました。


https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1333729.html


これまでWindows10は最後のWindowsと言う話でしたが、最近Windows10のサポート終了が密かに掲載されたりしていました。



Windows10はこれまでほぼ半年ごとにアップデートを繰り返して5年が経過しました。


Windows10の最新バージョンは21H1ですが、次の21H2バージョンがWindows11として登場すると言うことです。


上のリストで見るとすでに3つ前のバージョンである1909は今年の5月にサポート打ち切りになっています。


ITサポートとしてお客様のパソコンを見ていると、アップデートをしておらずサポート打ち切りになっているWindows10をそのまま使っているケースをよく見かけます。「Windows10だから大丈夫」と思っているのは実は大間違いなのです。


Windows11では、見かけ(ユーザーインターフェース)が大幅に変更になります。呼称も変わるということで、アップデートに無関心な人にも気付いてもらえるメリットもありますね。何となくmacOSに似ている感じがしないでもないですが。


macOSのバージョンも、昨年のBig Sur から従来の「10.xx」表記から「11」に変更され、今年出る新バージョンは「12」になります。


macOSのバージョン表記の変化が影響しているのかどうかはわかりませんが、5年も経つとイメージチェンジが必要なのは理解できます。


ユーザーにとっては、見かけや使い方の変化は戸惑う物ですが(特に高齢者には戸惑いが大きい)サポートをする側にとっても結構負担になります。


最近はOSのバージョンによって画面が違う場合もあり、遠隔操作ソフトを使って相手の画面を見ながらサポートすることが多くなっています。以前は電話で済ませることも多かったのですが……。


Windows11の登場でサポートの機会も増えるでしょうね。



NEW

  • Google ChromeとMicrosoft Edgeの動作が急に遅くなったのはナゼ?

    query_builder 2021/11/21
  • 誰でもできる!?PCの起動が遅いときの「とある対処法」

    query_builder 2021/11/07
  • BNPLって何?【最新のIT用語を解説】

    query_builder 2021/11/05
  • Windows版『iTunes』が起動しなくなる不具合が修正

    query_builder 2021/09/29
  • iTunesの不具合は言語設定を英語に変えると回避できる

    query_builder 2021/09/23

CATEGORY

ARCHIVE